BLOG

JUL 20 2014

まだ頭がぼーっとしてて夢の中

まだ頭がぼーっとしてて夢の中。
こんにちわ宮川です。

大阪ツアーライブ無事に終了しました。
まずはスタッフの皆様、共演者の皆様、そしてご来場いただいたお客様、本当にありがとうございました。

大阪のライブハウスclub vijonはずっとやりたかった箱で、大阪で活動するバンド「tearnote」の河相さんに紹介してもらい演奏できることになりました。
河相さん本当にありがとう!

そしてclub vijonは本当に音も良く、演奏もしやすく、吹雪の音楽にはピッタリな箱だなと感じました。
なんと言えばいいでしょうか、創作意欲の沸く箱というか、ここの箱ならこんなことができるかもとか、こんなことしてみたいとか、色々とインスピレーションが沸く箱だったんです。
あまりこういうのってないのでとても嬉しかった。

今回吹雪はLosingMySilentDoors/音景のBoriさんもVJとして同行してもらいました。
Boriさんもいつも本当にありがとう!
最近吹雪は新曲をメインにやっていまして、今回もすべて新しい曲で演奏しました。


【セットリスト】

1.アヴァランチ
2.グロッタ
3.白銀の風景


終わったあと何人かのお客さんに声をかけてもらい、CDも手に取ってもらって本当に嬉しかった。
こういうのって力もらえますね。
本当にありがとう。


参加させてもらったイベントは大阪で活動するバンド「kipu kirota」さんと「club vijon」の共同企画で主にシューゲイザー系バンドが集まるイベントでした。
ここで全部の出演バンドさんを紹介することはできませんが、どのバンドさんも個性的で素晴らしく本当に最後まで楽しませてもらいました。

終わったあとはお店に移動して共演者で打ち上げ。
ここで食べたつけ麺のような焼うどんがとても美味しかった!



それと僕にとっても大阪は決して無関係ではなくて、僕以外の兄弟はみんな生まれも育ちも大阪なんですね。僕だけ九州で。
だから個人的にも大阪はずっと行きたいと思っていた場所だったんですが、やっぱりいいですね大阪。
僕の中で大阪のバンドって繊細な音を出す人が多いんですが、その理由が少し分かったような気がします。
大阪の人って豪快なイメージもありますが、実際は東京の人よりずっと繊細だと思いました。とくに会話するときの気の使い方とか、ちょっとした仕草とか。それらが音にもよく現れてる。
大阪って不思議で魅力的なとこです。


というわけで、またすぐにでも大阪に行きたいしライブしたい。
近いうち必ずまた演奏しに行きますよ。


宮川



7/18 club vijonライブ詳細はこちら



ーーーーーーー追記ーーーーーーーーー

今回の大阪公演の記事がシューゲイザー・ノイズ系Webマガジンサイト「Muso Planet」に掲載されています。
英語ですが吹雪のレビューも載っていて、とても嬉しい評価もしていただきましたのでお時間ある方はぜひ。

MPHead3